校長メッセージ

「人間力」を磨き
夢の実現をめざす「心の教育」を。

校長吉田 允久

本校では「感謝の気持ちを忘れず、相手の立場に立って考えられる、何事にも礼儀を守り、社会に貢献する人間の育成」を校訓とし、「心の教育」を教育理念として、日々の教育活動に取り組んでいます。学習の目的は、実社会で役立つことを身に着けることですが、社会は人間が共同生活を営む集団であり、社会で役立つための基礎となるのが「人間力」です。将来社会で役に立つように「人間力」を高めるために、高校生としてすべきことをしっかりやっていくこと、勉学によって知的能力を身に着けること、学校行事や友人、先生とのコミュニケーション、人間関係によって社会関係力を身に着けることが大切です。この知的能力、社会関係力を身に着け、発揮するため根本的な力となるのが意欲、つまり心の力です。本校での学校生活を通して自分らしい生き方を追求する心の力を養ってほしいと思います。
そして、夢は必ず実現するのだと、固く心に言い聞かせてください。そんなことは無理だという感覚があったとしても、自分に向かって「絶対大丈夫だ」と言葉に出して断言してみてください。そうすれば目標がおのずと決まっていき、やっていける気になることでしょう。目標実現に向けての決意が、あなた方の人生に、奇跡を生み出すきっかけとなります。それぞれの夢を実現するため、徹底した学習指導と適性や能力に応じたきめ細かな「心の教育」を行っていきます。ぜひ本校で、夢の第一歩を踏み出してください。