臨時休校後の新型コロナ感染症対策について

  • 2021.04.28
  • ニュース

文部科学省の「学校再開ガイドライン」を基本とし、その後に文部科学省や大阪府等監督官庁からの通知(最近の通知では「私立学校園における緊急事態宣言期間中の教育活動について」大阪府教育庁私学課)をもとに臨時休校後の教育活動を検討し、再開しています。専攻科Ⅰ年生については4/30より再開の予定です。

1. 具体的な教育活動における感染防止対策

① 手洗い、うがい、マスク着用の徹底を指導する。
② 朝礼時の担任による検温、健康チェック
③ 換気の徹底
  担任、授業担当の教師により窓と扉を開け、2方向より換気を行う。
④ 感染リスクの高い教育活動を行わない
  長時間、密集または近距離で対面形式となる活動等は行わない。
  例)音楽:室内で生徒が近距離で行う合唱
    体育:生徒が密集する運動や近距離で組み合ったり接触したりする運動。
⑤ 昼食時に対面での食事や会話をしないよう、教師が巡回し指導する。

2. 保健管理体制

 学校安全委員会を中心に監督官庁からの通知や学校医からの助言をもとに感染防止対策を検討し、職員会議や職
  員朝礼で教職員に感染防止対策を指導。

3. 環境衛生について

① 手指消毒のアルコールの設置。
② 放課後、教室内の机・イス等の消毒。
③ 生徒の環境衛生に対する意識を向上するように指導。清掃監督は清掃指導を徹底するよう心掛けている。
④ トイレを順次、乾式にし手洗い水道の蛇口を非接触型に変更している。
 

4. 感染者が発生した場合の監督官庁等への報告

① 大阪府教育庁私学課への報告
 報告内容:検査日、陽性判明日、PCR受検の経緯、経緯(詳細)、PCR検査の対象者数、休校等の学校の対応等
② 保健所からの調査への回答
 調査内容:感染者のクラス座席表、時間割、授業内容等

5. 関連情報ホームページ

 厚生労働省ホームページ    
 国立感染症研究所ホームページ 
 ※情報は順次変わりますので、ご確認ください。