Q 入学手続き時の納入金はいくらですか?

A 昨年度の場合、入学金15万円と教科書・制服などの合計で普通科は約24万円、看護科は約31万円、
調理科は約28万円です。なお、併願受験している場合には、公立高校の合格発表後に納入していただいております。


Q 入学手続き以降の納入金はいくらですか?

A 昨年度の場合、授業料60万円と積立・諸費などの合計で普通科は約74万円、看護科は約77万円、調理科は約80万円。納入方法は、年3期での納入制です。

① 年3期(4月・9月・1月)の納入について、4月のⅠ期分の納入は、無償化制度対象であっても、授業料25万円+諸費などの納入が必要です。
(無償化制度対象の方には、年末12月頃収入に応じて還付されます。)
② 2年次、3年次では、それぞれ積立・諸費などの金額が変わります。なお、入学後は、学債・寄付金などは一切お願いしていません。


Q 奨学金制度や特典制度はありますか?

A 大阪府育英会などの自治体や民間(財団)などが行っている育英資金の奨学金制度があります。また、本校独自の特典制度として、

① 成績が優れていると認められる生徒には、入学金が免除になります。(各学科、専・併によって違いがあります)
スポーツコースの志願者で実績があり、他の生徒の見本となれる生徒には、特典があります。
「ファミリー特典制度」-母・祖母もしくは兄・姉が本学園卒業生の場合、また、兄、姉が本学園在学中の場合、入学金を5万円免除します。

(平成29年度実績)

Q 看護師と准看護師の資格の違いは何ですか?



A 看護師は厚生労働大臣(国)の免許です。それに対して准看護師は都道府県知事の免許で、資格の位置づけが違います。
仕事についても看護師は医師などが患者を診察する際の補助および生活の援助(自らの判断により主体的に行う)をするのに対して、准看護師は医師、看護師などの指示により、看護を行うことになっています。



Q 高校3年修了時に、准看護師資格試験の受験資格は得られますか?



A いいえ、得られません。本校はあくまでも「5年一貫教育」による看護師国家試験合格をめざしています。
ただし、5年後の看護師国家試験の受験前に、希望者は准看護師試験を受験できます。



Q 病院奨学金はどんな制度ですか?



A 病院奨学金とは、病院が学費の貸与を行う制度です。なお、金額や期間については、病院により違いがあります。条件などの内容を確認したうえで、各病院と話し合って制度を利用していただきます。

※病院奨学金に関しては、あくまでも保護者・本人と病院の契約関係であり、本校が主体的・強制的な指導はいたしません。
「病院奨学金説明会」として各病院からの説明の場を設けることはあっても、決して斡旋はいたしません。


Q 調理師免許は調理師試験を受験しなければ取得できないのですか?



A いいえ、本校では3年間の授業や実習の中で免許取得に必要な知識・技術を学びますので、本校の教育課程を修了すれば、調理師免許が取得できます。


Q 各教科に基準点は設けていますか?



A 基準点は原則として設けていませんが、余りにも点数の低い科目があると合格最低点を上回ることが難しくなります。
どの教科も偏りなく力をつけて入試に臨んでください。


Q 男女共学ということですが、男女の割合はどのようになっていますか?


A 普通科では男子が28%、女子が72%。看護科では男子が15%、女子が85%。調理科では男子が54%、女子が46%となっています。